*スマートフォンでは、横向き画面で
ご覧いただくことを推奨しております。

※記事内の画像は、クリックすると拡大します。


上肢の神経(前) 上肢の神経(後)
↑左:首〜手の神経(前)/右:首〜手の神経(後)

上肢の血管(前) 上肢の血管(後)
↑左:腕から手の血管(前)/右:腕から手の血管(後)
※赤→動脈 青→静脈 

腕や手のしびれ(頚肩腕症候群:けいけんわんしょうこうぐん)の原因は、
神経の圧迫によるものと血管の圧迫によるものが考えられます。
そして、何に圧迫されているのか、どこで圧迫されているのか、
どの程度圧迫されているのかによって症状やその出現場所が違います。
 

①頸椎(けいつい)の問題による場合

頸部構造 頸椎椎間板
 
頸部神経(後) 頸部神経(前)
 
脊髄(せきずい)神経は頸椎の間から出て、さまざまなルートで指先へと向かいます。
頸椎の歪みで神経根(しんけいこん)が圧迫されたり脊髄神経の通り道である
脊柱管(せきちゅうかん)が狭まると脊髄神経が圧迫されたり、
頸椎椎間板ヘルニアによって神経が圧迫されることがあります。
 

②筋肉の問題による場合

胸郭出口(神経①) 胸郭出口(神経②)
↑左:首の筋肉による神経の圧迫/ 右:胸の筋肉による神経の圧迫
 
手根管 腕の神経と血管の圧迫
↑左:手の筋肉による神経の圧迫/ 右:腕の筋肉による神経と血管の圧迫
 
胸郭出口(血管)

 ↑首と胸の筋肉による血管の圧迫

何らかの原因により、筋肉が伸張や短縮してしまうと、
その下を通る神経や血管を圧迫してしまうことがあります。
特に上の図のように、首や腕の付け根(前・後)、肘(内・外)や
手首で多くみられます。
 
また、①頸椎の問題と②筋肉の問題が混合して腕や手のしびれを
引き起こしている場合もあります。
 
 

(症状の出現する場所)

手のひらのしびれ 手の甲のしびれ
↑左:手のひら〜指先/ 右:手の甲
 
腕のしびれ
↑腕〜指先
 
頸椎のどこから出ている神経が圧迫されているかや
どの筋肉が神経や血管が圧迫しているかによって
上の写真ので示したように症状が出る場所が変わります。
 
しびれはジーン、ジワー、チリチリ、ピリピリなどと表現され、
だるさや冷えを訴える方もいます。
首の痛みや背中のコリや張りを伴う場合が多くみられ、朝が一番しびれたり、
腕や手を動かして楽になる場合もあれば反対に動かして悪化する場合もあります。
 
神経の圧迫が長い間続くと神経はマヒしてしまい、手の力が入りにくくなったり、
感覚が鈍くなったりします。
 
2~3日様子を見ても症状が改善しなかったり、悪化しているようでしたら、
早めに治療を受けた方がいいと思います。
 
a0003_001743 a0001_016187
 
猫背などの“間違った”姿勢や身体使い方によって背骨を歪めたり、
筋肉を伸張・短縮させてしまうことが主な原因として考えられますが、
それ以外に上の写真のようにほおづえをつくクセがあったり、
パソコン作業で長時間手や腕を使いすぎたり、荷物をたくさん入れて重くなった
斜め掛けのバッグやリュックを毎日長時間持ち続けていたり、
手を酷使する職業(例:調理師や理美容師)やスポーツ(例:野球やテニス、ゴルフ)
などが原因になっていることもあります。
 
 
一般的に病院ではレントゲンやMRIで頸椎を検査して、けん引やマッサージ、電気治療器による
治療を行なったり、血行を良くする薬や筋肉を軟らかくする薬などを処方されたり、
場合によっては手術を勧められることもあります。
 
 
当院では、頸椎の問題ならどこが何によって圧迫されているか特定し、背骨の矯正と必要に応じて
それぞれに効果的なエクササイズなどを併せて行ないます。
(例:椎間板ヘルニア⇒マッケンジーエクササイズなど)
筋肉の問題なら、どの筋肉が圧迫しているのかを特定し、その筋肉を伸張・短縮させている
原因となる背骨の歪みがあれば矯正してから、キネシオテーピングにより筋肉を
元の正常な状態に戻します。
 
 
腕や手のしびれ(頚肩腕症候群)が改善されない方、または良くなったり悪くなったりを
繰り返している方は、ぜひ一度03-3414-7206までご相談ください。
 ⇒【今週の予約状況
 
 
※文中の一部 画像はteamLabBody様の許可を得て、掲載しております。
著作権はteamLabBody様にありますので、当院ブログからの転載・二次利用などは
堅くお断りいたします。
 
 

 〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや手足のしびれなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ