*スマートフォンでは、横向き画面で
ご覧いただくことを推奨しております。

骨盤の構造 骨盤の痛み
↑左:後から見た骨盤各部の名称/ 右:痛みが起こる場所(例:右側)

骨盤に痛みがある場合(上図内)以下の4つの状態がその痛みを引き起こしている可能性が
考えられます。

(1)仙腸関節の捻挫(急性・慢性)

(2)背骨や骨盤の歪み①

(3)背骨や骨盤の歪み②

(4)お尻の筋肉の伸張・短縮

 
これらの状態とそれに伴う痛みが骨盤の右側に起こった場合を例にして詳しく説明します。
 

(1)仙腸関節の捻挫(ねんざ) 

後仙腸靭帯
↑後から見た後仙腸靭帯(こうせんちょうじんたい)
 
後仙腸靭帯は仙骨と腸骨、2つの骨盤の骨をつなぎ留め仙腸関節を形成し、
この関節があまり動きすぎないように固定しています。
靭帯は細い繊維が何本も寄り集まって束になっています。
後仙腸靭帯が引き伸ばされてしまって、何本かの線維が千切れたり、傷ついたりして
炎症を起こした状態が捻挫です。
「急性」とはいわゆる“ぎっくり腰”のことで、腰を前にかがめた時に急に痛くなって
動けなくなったりします。
「慢性」とは伸ばされたり、傷んでしまった靭帯がちゃんと治っておらず、
仙腸関節が不安定になってしまっている状態の事をいいます。
「捻挫グセがある」などともいわれる状態で、“ぎっくり腰”を何度も繰り返している人は、
捻挫が慢性化してしまっている可能性が考えられます。
仙腸靭帯をさらに引き伸ばしてしまうような姿勢や動作をすると痛みが悪化します。
特に腰を前にかがめたり、痛みを感じる側に側屈すると痛む場合が多くみられ、
仙腸関節を押すとピンポイントで痛みます。
 
さらに詳しくは「仙腸関節の捻挫について」もご覧ください。
 
 

(2)背骨や骨盤の歪み①

骨盤左傾
↑後から見た腰椎の右側屈、骨盤の左傾斜
 
上の写真のように背骨や骨盤が歪むと、腰椎の一番下(5番目)と仙骨の間は右側が
狭まってしまうので、そこに炎症が起こります。
狭まってしまっている関節にさらに負担をかける姿勢や動作をすると痛みが悪化します。
特に腰を後ろに反らしたり、痛みを感じる側に側屈すると痛む場合が多くみられます。
 
 

(3)背骨や骨盤の歪み②

骨盤右傾+腰左側 腸腰靭帯 
↑左:後から見た腰椎の左側屈、骨盤の右傾斜
 右:後から見た腸腰靭帯(ちょうようじんたい)
 
上の写真のように背骨や骨盤が歪むと、腰椎の一番下(5番目)と仙骨の間は右側が
広がってしまうので、腰椎5番と腸骨をつなぐ腸腰靭帯は右側が引っぱられて
伸ばされたり、傷んでしまうとそこに炎症が起こります。
腸腰靭帯をさらに引っぱってしまうような姿勢や動作をすると痛みが悪化します。
特に痛みを感じる側と反対に腰を側屈すると痛む場合が多くみられます。
 

(4)お尻の筋肉の伸張と短縮

大臀筋 梨状筋
↑左:後から見た大殿筋(だいでんきん)/ 右:後から見た梨状筋(りじょうきん)
 
お尻の筋肉が引っぱられて伸ばされてしまったり、緊張して縮こまってしまった状態です。
どちらの場合でもパンパンに張っているので、押すと痛みます。
腰を左右にひねる時に痛む場合があります。
 
さらに詳しくは「お尻の張りや痛みについて」「梨状筋症候群とその治療
もご覧ください。
 
 
同じところが痛くても、痛みの原因によって上記のように痛み方が違います。
 
2~3日様子を見ても症状が改善しなかったり、悪化しているようでしたら、
早めに治療を受けた方がいいと思います。
 
772e6c5bd00a43f1d9cff538a45d4029_s c504fbbe5705ca0fc920507a504d1373_s
↑左:イスに浅く腰掛けている/ 右:イスより低いテーブルでの作業
a0001_016146 a0001_015485
↑左:足を組み、上半身と下半身が捻じれている
 右:両足をそろえて同じ側にくずしている
 
上の写真のような“間違った”姿勢や身体の使い方によって背骨や骨盤を歪めてしまうと、
背骨や骨盤の関節や靭帯、そしてその周りの筋肉に負担が掛かり、
そのままの状態が長い間続くとやがてそこが凝ってきたり、張ってきたりして
最終的には痛みが生じます。
病院では炎症や痛みを抑えたり(消炎・鎮痛)筋肉を軟らかくする薬
(湿布、飲み薬、塗り薬など)や電気治療器やマッサージなどを行なったり、
急性の場合はコルセットを処方されると思います。
当院ではその痛みの原因となる関節や靭帯、筋肉の問題をきちんと特定し、
そこに対する治療(カイロプラクティックによる矯正やキネシオテーピングなど)を
まず第一に行ない、その後に患部に負担をかけている背骨や骨盤の歪み、
筋肉の問題に対して治療します。
 
骨盤の痛みが改善されない方、または良くなったり悪くなったりを繰り返している方は
ぜひ一度03-3414-7206までご相談ください。
 ⇒【今週の予約状況
 
 
※文中の一部 画像はteamLabBody様の許可を得て、掲載しております。
著作権はteamLabBody様にありますので、当院ブログからの転載・二次利用などは
堅くお断りいたします。
 
 

〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。

 
 
 
身体の歪みや腰痛などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ