*スマートフォンでは、横向き画面で
ご覧いただくことを推奨しております。
 
出勤時や外出時に歩いている人を見ると、独特な歩き方をされている方を
よく見かけます。
このような歩き方を続けていると今は症状が無くても、そのままにしておくと
さまざまな問題が起こる可能性があります。
 

今回は歩き方から歪みに気付いてもらうきっかけになるように、
「正常な歩き方と歪み」について説明します。
 
歩行は大きく分けると「足が地面に着いている時」と
「足が前方に向かって振り出される時」の二つに分けられます。
「足が地面に着いている時」は、体重支持のため片足に大きな負担が掛かり、
さらに歩行の重要な部分を占めるので、この間に多くの問題が起こりやすいです。
股関節や膝、足首や足裏に問題があったり、靴に問題があって痛みを感じると
痛みを避けるため、可能な限り体重支持の時間を減らそうとして異常歩行になります。
異常歩行は股関節や膝、足首や足指の正常な動きを妨げるので、
関節の摩耗や靭帯の酷使などが生じ、将来的に問題(症状)を起こす可能性があります。
 
「足が地面についている時」には、
①かかとが地面に接する
②足裏全体が地面に着く
③片足で立っている(反対の足を前方へ振り出している間)
④つま先で地面を蹴り出すの4つの動作を行なっています。 
(※下の写真の右足の動き)
歩行1 歩行② 歩行③ 歩行④
 
 
 
この間、正常な足での体重移動は下の写真のようになります。
普通1 普通02 普通03 普通04
 
 
偏平足の場合は、土踏まずが潰れ足が内側に傾くので、下の写真のように
正常な足に比べ親指の内側で地面を蹴り出すので、繰り返しているうちに
外反拇趾になります。
扁平足01 扁平足02 扁平足03 扁平足04
 
 
 
他には①の時にショックを和らげられないとかかとの皮膚が硬くなります。
①→②の時にパタンと音がする場合は足首を曲げる筋肉に問題があると考えられます。
立っている時に指先が地面から浮いてしまっていると、指の付け根で地面を蹴り出すので、
繰り返しているうちにそこが硬くなり、タコやウオノメになります。
また、靴のすり減り方(かかとやつま先部分の外側や内側、左右の違いなど)や
靴のシワの入り方でも歩き方の異常が分かります。
靴
 
 
これらの問題を見つけるための簡単なセルフチェックを紹介します。
①つま先歩き
②かかと歩き
③外返し歩き
④内返し歩き
をそれぞれ行ない左右を比べてみてください。
どちらかやりづらい方に問題があると考えられます。
底屈 背屈 回外 回内
 
 
また、歩行時には骨盤も動きます。
正常な骨盤の動きについて、右足を前に出す時を例に説明します。
①骨盤の左右の骨(腸骨=ちょうこつ)は右側が上に持ち上がり左に傾きます。
骨盤
 
②右の腸骨が後ろ(↓写真の赤矢印)に左の腸骨が前(↓写真の青矢印)に回ります。
 
 
③骨盤が左を向くように捻じれ、上半身は反対に捻じれます。
 
骨盤が歪んでしまっていて正常な動きができないと、それを補うために
他の所に負担が掛かり、そこに問題(症状)を起こします。
このような骨盤の歪みや股関節や膝、足首に問題があると、つまづきやすかったり、
足先をこすって歩いたり、足をまっすぐ前に出せなかったりします。
 
今回のブログを参考にして、ご自身だけでなく、ご家族やご友人の歩き方も
チェックしてみてください。
症状が起こってしまうと治るまでに時間が掛かります。
出来るだけ早く歪みに気付いて治療すれば、短い期間で体が本来あるべき
正常な状態に戻れると思います。
 
今回のブログを読まれて気になる事がある方はお気軽にご相談ください。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

・「骨盤の歪みについて
・「足の裏の痛みについて
・「足の付け根(股関節)の痛みについて
・「膝の痛みについて
・「足首の痛みについて