2016年6月29日に改訂しました。⇒『股関節の痛みの原因とその治療
 
*スマートフォンでは、横向き画面で
ご覧いただくことを推奨しております。
 
股関節の痛みは色々ありますが、今回は当院に股関節の痛みで来院される方で
最も多い「足の付け根(鼠径部)の痛みについて」説明します。
 
長時間座って立ち上がる時や立ち上がってから歩き始める時に痛み、
しばらく歩いているとだんだん痛みが無くなることが多いです。
また、長時間座り続けたり、歩き続けているうちにだんだん痛くなってくる場合や
自転車をこいだり、ストレッチをする時に股関節を深く曲げて痛む場合もあります。
これらの症状は、立っていたり、歩いていたりする時に反り腰や出っ尻になっている人に
多く見られます。(関連記事『寝ている時の姿勢と歪みについて』もご覧ください。)
 
 
原因として股関節を曲げる筋肉(主に大腰筋腸骨筋)の過緊張が考えられます。
 
IMG_1239 IMG_1240
↑大腰筋(だいようきん)は腰から足の付け根に付き、腰や股関節を曲げる筋肉です。
 
IMG_1241 IMG_1242
↑腸骨筋(ちょうこつきん)は骨盤(腸骨=ちょうこつ)から足の付け根に付き、
  股関節を曲げ、骨盤を前に倒す筋肉です。
 
これらの筋肉は座っている時に足を組んだり、かなり背中が丸まった姿勢の時に
緊張し、長時間そのままでいると過緊張を起こします。
a0002_010421 IMG_0992
 
当院では原因と関係がある腰や骨盤の歪みを矯正し、キネシオテーピングで
過緊張を起こした筋肉を正常な状態にします。
そして症状が改善したら、正しい座り方が出来るようにするため(再発の予防)
の治療を勧めています。
(詳しくは、ブログ記事『イスの座り方と歪みについて』をご覧ください。)
 
気になる方はお気軽にご相談ください。
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+