2014年10月30日に改訂しました。⇒『足の裏の痛みについて

*スマートフォンでは、横向き画面で
ご覧いただくことを推奨しております。

足は人体の中で中心から一番遠く、起立時には重い体を支え、
歩行や走行時には身体を遠くまで運びます。
起立時に比べ、歩行時には2倍、走行時には4倍の圧力が足にかかります。
足の裏はこの圧力を分散させ吸収し、さまざまな地形に適応するための構造になっています。
これは足の骨、靭帯の配列とそれを支える筋肉によって形作られ、
踵(かかと)と拇趾(ぼし=親ゆび)の付け根を結ぶ内側縦アーチと
踵と小趾(しょうし=小ゆび)の付け根を結ぶ外側縦アーチと
拇趾と小趾の付け根を結ぶ横アーチが足裏の中央を持ち上げています。

足裏 足01

足底腱膜と呼ばれる足の裏全体をおおっている筋肉の膜が、加齢により弾力を失うと、
体重の増加や筋力の低下、左右不均衡な体重負荷などが加わり、伸ばされてしまい、
アーチはつぶれ足趾は広がります。
足趾が広がった状態で足先の細くなった靴やヒールの高い靴を長い間履き続けていると、
特に拇趾や小趾が圧迫されて、外反拇趾(がいはんぼし)や内反小趾(ないはんしょうし)
になります。

ウォーキングやジョギングなどによる地面からの着地の衝撃を繰り返し受け続けると、
足底腱膜が伸ばされたり、裂けたりして炎症をおこし、土踏まずの踵付近に痛みが生じます。
場合によっては踵骨(しょうこつ)の骨膜(こつまく)が引き離され、
踵骨と骨膜のすきまを埋めるために 骨棘(こつきょく)が形成されます。

足側面

 

アーチがつぶれるとこれらの問題がおこるだけでなく、身体の後面の筋肉のつながりから、
膝や股関節、腰、背中、首に緊張が伝わり、さまざまな問題(症状)を起こす可能性があります。

当院ではアーチを支える筋肉をキネシオテーピングで正常な状態に戻します。
アーチサポート用のインソールなどもありますが、残念なことにこれだと
靴を履いていない時には効果がありません。
キネシオテーピングは足裏に直接貼れ、筋肉が正常な状態に戻れば、
それ以上貼り続ける必要はありません。

足の問題を解消すれば、身体は健康で満“足”な日常生活を送れるようになるでしょう。