*スマートフォンでは、横向き画面で
ご覧いただくことを推奨しております。

膝の靭帯損傷や半月板損傷はスポーツ選手の怪我でよく耳にしますが、
この場合はほとんどが重度であり、最悪手術が必要になります。
当院に来院される方は、それほど重度でない半月板損傷の場合がほとんどです。

痛む所(半月板)

 

代表的な症状は、腫れが少なく、動かした時に引っかかり感や関節音、
そして上図の赤い斜線部付近の痛みです。

 

右足内側前方から見た図 右足上から見た図

横から見た図

 

半月板は大腿骨と脛骨の間にあり、内側と外側で分かれています。
膝は体の中で最も荷重がかかる関節です。
大腿骨と脛骨が接している所に かかる圧力は相当なものになります。
半月板は図のように荷重を分散させて、より広い面積で受け止めることで、
骨同士にかかる圧力を軽減しています。
また、膝は平坦な脛骨上に球状の大腿骨が乗っているだけの、とても不安定な関節です。
半月板は大腿骨と脛骨の間にぴたっとはまり込み、 接合面積を大きくして安定させています。

右足内側後方より見た図

半月板には周囲の筋肉や靭帯が付着しています。
半月板は膝の動きに伴ってある程度動きます。

半月板の動き-屈曲時

膝の屈曲時では付着している靭帯がゆるむので、
半月板は 大腿骨に押されると同時に後側に付着する筋肉に
引っぱられ、後方へ移動します。

半月板の動き-伸展時

伸展時では半月板は大腿骨に押されると同時に、
膝蓋骨が上方に移動するために 膝蓋骨から付着する靭帯に
引っぱられ、前方へ移動します。

足先を外へ 足先を内へ

足先が外や内を向く(黒い矢印)時には、半月板は大腿骨に押されて
脛骨上を赤い矢印方向に移動します。それと同時に付着している筋肉や
靭帯が半月板を引っぱってその動きを助けます。
そのため、半月板に付着する筋肉や靭帯が正常でないと
半月板は骨と骨の間に挟み込まれます。

O脚 X脚

O脚では内側半月板が、X脚では外側半月板が潰されます。

このような状態で長時間負担をかけ続けたり、急激な動きをしたり、
ジョギングや自転車、水泳などで繰り返しストレスをかけ続けた結果、
半月板は損傷します。

当院では、原因と関係がある腰や骨盤、股関節、膝や足を矯正し、
キネシオテーピングにより筋肉を正常な状態に戻すとともに、
傷ついた半月板に対しても行ない、回復を早めます。

 

〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。
【治療例】48:膝の外側が痛い(半月板損傷)
・「軟骨について