*スマートフォンでは、横向き画面で
ご覧いただくことを推奨しております。

「これはスジ(筋肉)の痛みなので、カイロプラクティックでは治らないですよね?」
「これは骨(関節)ではなくて、スジ(筋肉)だからカイロプラクティックとは
関係ないですよね?」
このようなことを今までに何度も聞かれました。

確かに痛みがある所が骨(関節)なのか、スジ(筋肉)なのかは治療する上で重要です。
しかし、そこに問題を起こした原因は何でしょうか?
実際にスジ(筋肉)に痛みがある人を診てみると、そのスジ(筋肉)は
引っ張られていたり、圧迫されていたり、挟まれていたりして傷んでいるのですが、
その原因は関節の問題であることがほとんどです。

という事は、その原因となる関節の問題を解消しなければ、傷んだ筋肉はなかなか
治らなかったり、一時的に良くなっても、また再発したりします。

当院では、スジ(筋肉)に痛みがある場合の治療として、原因となる関節の問題を
関節マニピュレーション(カイロプラクティックオステオパシーの手技による矯正)
で解消し、スジ(筋肉)は筋スラッキング療法キネシオテーピング療法で、
痛みを抑えて、元の正常な状態に戻します。

気になる症状がありましたら、自分で判断せずご相談ください。

関連記事(こちらもあわせてご覧ください)

・「筋肉と筋膜の治療について
・「“筋肉のつながり”について
・「トリガーポイントについて