年末になって仕事が忙しくなったり、大掃除など長時間同じ姿勢でいる機会が増えたと思います。
冷えや長い時間同じ姿勢(特に背中や腰を丸めたり、上を見たり下を見たり)をし続けることで
筋肉は硬くなります。それを急に動かして、ぎっくり腰や寝違えを起こす人が多いです。
炎症を起こすほどひどい事もあり、この場合はすぐに来てもらうよりも炎症が少し治まってから
来てもらった方がよいと思います。
今回は炎症についてと、その対処法をお話します。

炎症とは
患部が赤くなって腫れ上がり、熱感と痛みがあって動かすことが出来ない状態。
一般的に、受傷後24〜72時間は続くことが多い。

対処法=アイシング
アイシングの目的は、患部を冷やすことで血管を収縮させ、炎症部位の拡大を防ぐことです。
まずビニール袋に氷を入れて、その氷が浸るまで水を入れてください。
そして袋の中から空気を抜いて口を結びます。

アイシング

これを患部の上に直接置き、上から大きめのタオルなどをかけてください。
これにより、患部以外が冷えるのを防ぎます。
時間は1回につき10分。これを受傷当日は2時間おきに行なってください。
(注意点)
①アイスパック(アイスノンなど)ではなく、氷と水で行なう。
→氷と水を使うと一定温度(約0℃)に保てるので、直接肌に当てても凍傷の心配がない。

②肌に直接当てる。
→どうしても我慢できない時はティッシュを4枚かキッチンペーパーを1枚だけ間に置く。

③時間は長くても15分まで!!
→15分以上行なうと、反動で温度を上げるために血流が増し、炎症がひどくなる。

判別方法
目で見て赤くなってたり、腫れてないか、触ってみて周囲と比べて熱くないか確かめてください。
可能であれば、誰かにみてもらうとよいです。
受傷直後はみられなくても、少ししてから出てくる場合もあります。
わかりにくい時は、受傷当日はお風呂などで温めることは避け、様子をみてもらうか、
専門機関で診てもらってください。

わからないことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。