2014年5月23日に改訂しました。⇒「骨盤の歪みについて

骨盤 骨盤は左右の腸骨(ちょうこつ)と真ん中の仙骨(せんこつ)と尾骨(びこつ)から 形成され、前は恥骨(ちこつ)結合、後ろは仙腸(せんちょう)関節で つながっています。 立ち上がったり、座ったり、歩いたりする時に左右の腸骨が少しだけ 前後に動きます。仙腸関節ではあまり動き過ぎないように 靱帯がしっかり固定しています。 左右の腸骨のくぼみに大腿骨(だいたいこつ)がはまり、 股関節を形成しています。   骨盤の歪みは左右の腸骨が前後に倒れたり、開いたり、閉じたり 仙骨が前後に倒れたり、左右に傾いたりして起こります。 骨盤の歪み① 骨盤の歪み② 左右どちらかの腸骨が前に倒れればそちら側の股関節は引き下げられ、足が長くなり、 反対側は後ろに倒れて、股関節は引き上げられ、足が短くなります。   骨盤の歪み③ 骨盤の歪み④ 骨盤の歪み⑤ 骨盤の歪み⑥ 腸骨が開いたり、閉じたりすれば、がに股、内股、O脚、X脚になります。   骨盤の歪み⑦ 骨盤の歪み⑧ 仙骨が前に倒れれば腰は反ってしまい、後ろに倒れれば腰は丸まります。 ちなみに歪むと言ってもレントゲンで見て数ミリ程です。 (以前に書いた背骨の歪みも同じです) 骨盤の歪みは腰や股関節、膝、足の問題だけでなく、骨盤内の臓器(腸、子宮、卵巣など) にも影響を与え、便秘や婦人科疾患(生理痛や生理不順など)を引き起こします。 これらの原因となる歪みを見つけ、矯正します。