本気で治したい人が全国各地から訪れる『筋肉・筋膜・関節調整のプロ』がいる治療院

キネシオテーピング療法

mini_110

キネシオテーピング療法は、1980年に日本人のカイロプラクターである
加瀬建造D.C(現キネシオテーピング協会会長)によって考案されました。
症状が気になる所にただテープを貼るのではなく、さまざまな検査を行なって、
何が(筋肉・筋膜・関節・リンパ)どのような状態(伸張・圧迫など)になり、
その症状を起こしているかを診たて、専用に開発された伸縮性テープを使い、
その組織や状態に合わせたテーピングで治療します。

(キネシオテーピングの効果)
①『筋肉の機能を正常に戻す』

身体の歪みやケガ、使い過ぎなどによって正常に機能できなくなってしまった筋肉や
緊張しすぎて硬くなってしまった筋肉の上にキネシオテーピングを貼ることで
その筋肉を元の正常な状態に戻します。
筋力や疲労の回復、けいれんにも有効です。

②『血液やリンパ液の循環を改善する』

キネシオテーピングによって皮下にすき間をつくることで、 そこに滞っている
血液やリンパ液の循環を回復します。
捻挫やぎっくり腰などで組織が損傷してしまった場合に失われた材料を
補給できるようにして、治癒の手助けをします。

③『痛みを軽減・解消する』

痛みを感じた時に患部に手を当てがう行為は、皮膚や筋肉を刺激することで
神経学的に痛みを和らげる効果があることが証明されています。
キネシオテーピングが患部を覆うように接着することで、その効果を活性化し、
さらに長時間持続させることができます。
痛みに対する即効性は、世界各国の医療機関などにより研究発表されています。
また、薬や注射と違い副作用の心配がありません。

④『関節のズレを正す』

筋肉や筋膜の異常によって骨が引っぱられて関節がズレてしまったり、
関節を固定している靭帯が伸ばされて関節がズレてしまった場合、
キネシオテーピングによって原因となる筋肉や靭帯を元の正常な状態に戻すことで
関節のズレを正します。
歪みの再発防止にも有効です。

 

さらに詳しく知りたい方は、ブログ記事「キネシオテーピングについて」もご覧ください。

☆背中や下半身にテープを貼る際、女性にはお着替えを用意しています。

着替え(後) 着替え(下・小)
上は、後ろがマジックテープで開閉でき、下はジャージー生地のハーフパンツです。

院長は、キネシオテーピング協会認定インストラクター(CKTI)です。

       ※↑リンクをクリックすると外部ページが開きます。

 

PAGETOP
Copyright © アールカイロプラクティックセンター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.