女性 30代 会社員 
2年前からウェイトトレーニングとスタジオレッスンのため、
週4,5回スポーツジムに通っている

*スマートフォンでは、横向き画面で
ご覧いただくことを推奨しております。

(主訴)

治療例15

上を向いたり、下を向いたり、首を左に倒すと左側の首から肩
(上の画像の内)がとても痛い。
以前から左を向いた時に痛みはあったがここまでは痛くなく、
1カ月ほど前の起床時に痛みが悪化してからは一度良くなったが、
その後は再び悪化している。
右を向いたり、首を右に倒しても痛くない。
たまに左腕(上の画像内)がどんより重い感じがあり、
左肩をぐるぐると後ろに回すと肩甲骨付近が痛む。

(検査)

触診では、左の首の後ろ側~肩、背中、腕の筋肉には張りや圧痛はみられず、
左の首の前側には右と比べて明らかな張りと圧痛がありました。
さらに、首の骨(頸椎:けいつい)の5番目と6番目の左側を押すと
圧痛があり、左の首~肩と背中にかけて痛みが走りました。
筋肉テストにより、首の前側に付く筋肉のうち前斜角筋(ぜんしゃかくきん)と
胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)に機能低下がみられました。

左前斜角筋(前) 左胸鎖乳突筋(前)
↑左:前から見た前斜角筋/右:前から見た胸鎖乳突筋

その他、関節可動域検査や整形外科学検査などの結果と併せたところ、
この女性の首から肩の痛みは『頸椎椎間関節症』によるものである
可能性が極めて高いという診たてになりました。

(治療)

まず痛みや炎症を起こしている椎間関節(ついかんかんせつ)を解放するために
第5,6頸椎の歪みを矯正して再度押してみると、圧痛や首~肩と背中の痛みは
なくなりましたが、下を向いた時に背中に痛みが少し出たため、
背骨(胸椎:きょうつい)を2ヶ所矯正してみると、下を向いた時の背中の痛みは
無くなり、肩を動かした時の肩甲骨の痛みもなくなりました。
次に、頸椎を歪める原因となる前斜角筋と胸鎖乳突筋にキネシオテーピング療法
筋スラッキング療法を行ないました。

一度の施術で症状はなくなりましたが、背骨とくに第5,6頸椎が再び同じように
歪んでしまうと、症状が再発することになります。
普段仕事で座っている時間が長いとのことから、座っている時の姿勢を診てみると
背中が丸まって左肩が前に入っていました。
このままにしておくと頸椎が歪みやすいことから、特に今回はできなかった
腰(腰椎:ようつい)の歪みや骨盤の歪みの矯正と左肩の前側(胸)に付く筋肉と筋膜、
右肩の後側(背中)に付く筋肉と筋膜も併せて治療することが再発防止のためには
必要だと伝えました。

※文中の一部 画像はteamLabBody様の許可を得て、掲載しております。
著作権はteamLabBody様にありますので、当院ブログからの転載・二次利用などは
堅くお断りいたします。

〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。