僧帽筋の名前の由来は、左右合わせた形状(菱形)が
カソリック僧の頭巾に似ていることからきています。

*スマートフォンでは、横向き画面で
ご覧いただくことを推奨しております。

%e5%83%a7%e5%b8%bd%e7%ad%8b
↑後ろから見た僧帽筋

僧帽筋は、後頭部と背骨から肩にかけて広がる扁平の
大きな筋肉で、上から上部、中部、下部に分けられ、
それぞれ働きが異なります。

%e5%8f%b3%e4%b8%8a%e9%83%a8%e5%83%a7%e5%b8%bd%e7%ad%8b%e6%a8%aa
↑左:後から見た上部僧帽筋/右:右側から見た上部僧帽筋

〔付着部〕どこにあるの?

上部僧帽筋は、後頭部と首の骨(頸椎:けいつい)から
肩先と鎖骨の外側に付きます。

〔働き〕どんな時に使うの?

頭や首を後ろに倒したり、同側に倒したり、反対側に向けたり、
肩をすくめたり、デスクワーク時には腕を支えたり、
重い物を持つ時には肩甲骨が下に下がるのを防ぎます。

〔症状〕上部僧帽筋に問題があると…

上を向いたり、横を向いたり、頭や首を横に倒したりする時に
首から肩が張ったり、痛かったりします。
デスクワークや読書、スマートフォンの操作などで肘を浮かせていたり、
荷物を肩に掛けていると肩が凝ります。
こめかみ~耳の後ろまでの側頭部の痛みや顎(あご)の痛みが
起こることもあります。

〔原因〕上部僧帽筋に問題を起こすのは…

上部僧帽筋につながる神経は、2~4番目の首の骨(頸椎:けいつい)
の間から出ているので、頸椎の歪みによって神経の出口が狭まったりすると、
神経伝達に障害が起こって上部僧帽筋が過緊張したりします。
また、長時間のデスクワークや読書、スマートフォンの操作で肘を
浮かせていたり、頭や首を前に倒していたり、荷物を肩に掛けていたり、
電話を肩と耳で挟んだりしていると、上部僧帽筋が短縮したり、伸張した状態を
維持するために筋膜が変形してしまい、上部僧帽筋が短縮したまま伸びなくなったり、
伸張したまま縮まなくなったりして正常に機能できなくなります。
交通事故によるむち打ちは、上部僧帽筋が急激に引き伸ばされたことで起こります。

8e02e746e7e4afa741e23567f5eab648_s

pak82_yaritenoonnakacyou20140125500

 

※文中の一部 画像はteamLabBody様の許可を得て、掲載しております。
著作権はteamLabBody様にありますので、当院ブログからの転載・二次利用などは
堅くお断りいたします。

 

〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。
・「首の筋肉や椎間関節を痛める原因
・「むち打ちについて
・「肩こりについて
・「筋肉と筋膜の治療について