「お尻や太ももの裏側が痛い」
「太ももから足先までしびれる」
「足が重だるく、力が入りにくい」
などの症状がある場合は、『坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)』
の可能性があります。

坐骨神経痛とは、どのような状態のことをいい、どのような症状があり、
何が原因で起こるかを解説し、それに対して一般的に病院などで
行なわれる治療と当院で行なっている治療の違いを説明します。
どなたにでもわかるよう専門用語はできるかぎり使わず、
写真と解剖図を使って解説します。


*スマートフォンでは、横向き画面で

ご覧いただくことを推奨しております。

坐骨神経とは

%e5%9d%90%e9%aa%a8%e7%a5%9e%e7%b5%8call%e5%be%8c%ef%bc%89 %e5%9d%90%e9%aa%a8%e7%a5%9e%e7%b5%8c%ef%bd%9e%e8%84%9b%e9%aa%a8%e7%a5%9e%e7%b5%8c%ef%bc%86%e8%85%93%e9%aa%a8%e7%a5%9e%e7%b5%8c
↑左:後ろから見た坐骨神経/右:右斜め後ろから見た坐骨神経
画像をクリックすると拡大します。

坐骨神経(ざこつしんけい)は、腰椎から出た神経と骨盤から出た神経が
合わさった太く長い神経で、お尻から太ももの後ろを通り、
膝の後ろで二手に分かれ、足先までつながります。
ふくらはぎをまっすぐ下がり、かかとの内側を通って足の裏側の
指先につながる脛骨神経(けいこつしんけい)と、すねの外側を
通って足の甲側の指先へとつながる総腓骨神経(ひこつしんけい)
の2つの神経を束ねた身体の中で最も長い神経です。

坐骨神経痛とは

坐骨神経が圧迫されて、しびれや痛みが出た状態を
『坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)』といいます。

〔坐骨神経痛の症状〕

%e5%9d%90%e9%aa%a8%e7%a5%9e%e7%b5%8c%e7%97%9b%ef%bc%88%e7%97%87%e7%8a%b6%e2%91%a0%ef%bc%89 %e5%9d%90%e9%aa%a8%e7%a5%9e%e7%b5%8c%e7%97%9b%ef%bc%88%e7%97%87%e7%8a%b6%e2%91%a1%ef%bc%89

腰痛はある場合と無い場合があります。
ほとんどの場合は、左右どちらか一方に電気が走るような痛みやうずき、
放散痛(ジワジワ、チリチリ、チクチクなど)、正座をした後の様なしびれ、
感覚の異常や、力が入りにくいなどの症状が出ます。

症状が出る場所は、どこが圧迫されているか、どの程度圧迫されているか
によって違います。神経の出口付近(腰椎や骨盤)で圧迫されている場合、
本来なら神経の走行に沿ってお尻~足先まで、ひとつなぎに症状が出ると
思われますが、お尻とふくらはぎというように飛び飛びで症状が出る方が
多くみられます。
一般的に圧迫されている所から離れた場所に症状が出る方が、
重度の圧迫があるといわれているので、足先に症状が出ていれば
本来ならかなり悪いと思われがちですが、足の筋肉や靱帯によって
圧迫されている場合は足先にしか症状が出ないので、必ずしもそうとは
限りません。しかも坐骨神経が圧迫されているのは一カ所とは限らず、
何カ所かで圧迫されている場合も臨床上ではよくあります。

〔坐骨神経痛の原因〕

腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニア

とくに下部腰椎の椎間板ヘルニアにより、圧迫された側に坐骨神経痛が
出ます。まれに左右両方に出ることもあります。(=正中ヘルニア)

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

とくに下部腰椎の脊柱管狭窄症により、坐骨神経痛が左右両方に出ます。

椎間孔狭窄症(ついかんこうきょうさくしょう)

とくに下部腰椎の椎間孔狭窄症により、狭まった側に坐骨神経痛が出ます。

④脊柱(せきちゅう)の病変

腰椎の分離すべり症や変形、腫瘍(しゅよう)などにより坐骨神経が
圧迫されると、圧迫された側に坐骨神経痛が出ます。

梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)

お尻の筋肉である梨状筋が過緊張して坐骨神経を圧迫すると、
圧迫された側に坐骨神経痛が出ます。

足根管症候群(そくこんかんしょうこうぐん)

内くるぶしとかかとの間にある足根管と呼ばれる神経や血管の通り道で、
脛骨神経が圧迫されると、圧迫された側に坐骨神経痛が出ます。

腓骨(ひこつ)のズレ

腓骨のズレにより腓骨神経が圧迫されると、圧迫された側に
坐骨神経痛が出ます。

⑧足の筋肉と筋膜の問題

%e5%9d%90%e9%aa%a8%e7%a5%9e%e7%b5%8c%e3%81%a8%e3%83%8f%e3%83%a0%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b9 %e5%9d%90%e9%aa%a8%e7%a5%9e%e7%b5%8c%e3%81%a8%e3%83%92%e3%83%a9%e3%83%a1%e7%ad%8b
↑左:ハムストリングス/右:ヒラメ筋

%e5%9d%90%e9%aa%a8%e7%a5%9e%e7%b5%8c%e3%81%a8%e8%86%9d%e7%aa%a9%e7%ad%8b %e5%9d%90%e9%aa%a8%e7%a5%9e%e7%b5%8c%e3%81%a8%e5%be%8c%e8%84%9b%e9%aa%a8%e7%ad%8b
↑左:膝窩筋(しつかきん)/右:後脛骨筋(こうけいこつきん)
※4つとも後ろから見た右側の筋肉。黄色いのは坐骨神経。
 画像をクリックすると拡大します。

坐骨神経は、ハムストリングスとヒラメ筋のすぐ下を通り、
膝窩筋と後脛骨筋のすぐ上を通るので、これらの筋肉が
引き伸ばされて張ったり、過緊張したりすると坐骨神経が圧迫され、
圧迫された側に坐骨神経痛が出ます。

治療

病院での治療は、マッサージや電気治療器、湿布や痛み止めの薬など、
原因がなんであれ、同じ治療が行なわれる場合がほとんどです。

当院では、まず検査により坐骨神経痛の原因を特定し、
その結果、脊柱の病変の疑いがある場合は病院での精密検査をすすめます。
腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、椎間孔狭窄症、梨状筋症候群、
足根管症候群、腓骨のズレが原因の場合は、それぞれに対して
適切な治療を行ないます。
※それぞれの治療については、以下のブログをご覧ください。

腰椎椎間板ヘルニアとその治療
脊柱管狭窄症とその治療
椎間孔狭窄症とその治療
梨状筋症候群とその治療
足根管症候群とその治療
腓骨神経麻痺とその治療

筋肉と筋膜の問題が原因の場合は、
①坐骨神経を圧迫する可能性のある4つの筋肉の中から、
 筋肉テストにより問題(伸張や過緊張)のある筋肉を特定します。
②4つの筋肉は、骨盤の歪みにより、筋肉や筋膜が引き伸ばされたり、
 圧迫される可能性があり、それぞれの筋肉につながる神経は、
 背骨(腰椎:ようつい)から出るので、関連する背骨の歪み
 骨盤の歪みをみつけて矯正します。
③特定した筋肉をもう一度筋肉テストで確認し、筋肉自体に
 問題があれば、その筋肉とそれを包む筋膜を治療します。
④下図のように、①で特定した筋肉とつながって連動する筋肉のいずれかに
 問題(伸張や過緊張)が起こっていると、①で特定した筋肉を
 過緊張させたり、引き伸ばしたりします。

膝窩筋とDFL ハムストリングスとSBL

そのため、つながって連動する筋肉の中から問題のある筋肉を
みつけて治療しなければなりません。

①で特定した筋肉、もしくはその筋肉を引き伸ばす原因となる筋肉を
みつけ、その筋肉とそれを包んでいる筋膜を筋スラッキング療法
キネシオテーピング療法で治療して、元の正常な状態に戻します。

ほとんどの場合、初回は患部に対する治療に重点をおきますので、
少なくとも症状の軽減がみられ、場合によってはほとんど気にならなくなります。
さらに2回目以降全身の治療も一緒に行なっていけば、坐骨神経痛を
根本的な原因から治療することになるので、症状の再発を防ぐことができます。

坐骨神経痛は、さまざまな原因で起こる可能性があるので、
その原因をちゃんと見極めて、適切な治療をしないと治りません。
そして筋肉と筋膜の問題が原因だったとしても、原因となり得る筋肉は
いくつもあり、さらに症状が出ている筋肉に問題があるとは限りません。
上記のように、無症状でも過緊張を起こしている筋肉だったり、
患部から離れた所の筋肉に問題があるかもしれません。
そのため、症状が出ている筋肉を治療するだけでは対症療法にしかならず、
その筋肉を引き伸ばしている原因も一緒に治さなければ、
一時的に良くなったとしても、しばらくしたらまた繰り返すことになります。

もしも、あなたが坐骨神経痛からできるだけ早く解放されたいのであれば、
なるべく早く治療することをオススメします。 

当院は予約制ですので、必ず事前に03-3414-7206までお電話ください。
 
 
※文中の一部 画像はteamLabBody様の許可を得て、掲載しております。
著作権はteamLabBody様にありますので、当院ブログからの転載・二次利用などは堅くお断りいたします。