「肘が痛い、伸ばしにくい」
「ドアノブを回すと腕が痛い」
「指の付け根が伸ばせない」
などの症状がある場合は、『回外筋(かいがいきん)症候群』の
可能性があります。

回外筋症候群とは、どのような状態のことをいい、どのような症状があり、
何が原因で起こるかを解説し、それに対して一般的に病院などで
行なわれる治療と当院で行なっている治療の違いを説明します。
どなたにでもわかるよう専門用語はできるかぎり使わず、
写真と解剖図を使って解説します。

*スマートフォンでは、横向き画面で
ご覧いただくことを推奨しております。

回外筋とは

回外筋
↑腕の骨と回外筋
※画像は右手を手の甲側から見たもので、クリックすると拡大します。

回外筋(かいがいきん)は、尺骨(しゃくこつ)と肘の外側にある骨の出っぱり
(=上腕骨の外側上顆:じょうわんこつのがいそくじょうか)から
橈骨(とうこつ)に向かって肘の外側を斜めに走る筋肉で、腕を外側に捻ります。

回外筋症候群とは

橈骨神経(前) 回外筋症候群
↑左:前から見た橈骨神経/右:回外筋と後骨間神経(黄)
内が圧迫されやすい所。画像をクリックすると拡大します。

首の骨(頸椎:けいつい)の間から出た橈骨神経(とうこつしんけい)が
肘の辺りで枝分かれして、橈骨と尺骨をつなぐ骨間膜(こつかんまく)の
後を通り、指を伸ばす筋肉につながる神経を後骨間神経
(こうこつかんしんけい)といいます。
後骨間神経は回外筋を貫通しているので、回外筋が腫れたり過緊張して
後骨間神経を締め付けると、神経障害が起こります。
このような後骨間神経の絞扼(こうやく)障害を『回外筋症候群』
または『後骨間神経症候群』といいます。

〔回外筋症候群の症状〕

回外筋症候群(症状)

腕や手にしびれが出ることは稀ですが、肘周辺や腕に鋭い痛みが出て、
腕を捻ったり、肘を伸ばすと痛みは強くなります。
肘の外側がズキズキ痛かったりする場合もあるので、
外側テニス肘(=上腕骨外側上顆炎)と間違われることもあります。
症状が進行して神経がマヒすると、腕を外に捻れなくなったり、
肘を伸ばしにくくなったりします。
また、指の付け根の関節が伸ばせなくなったり、親指が開けなくなったりして、
指を広げて手を「パー」にすることができなくなる場合もあります。

〔回外筋症候群の原因〕

腕や肘の骨折で起こることもありますが、ほとんどの場合は、仕事や運動など
による筋肉の収縮の繰り返しが原因で起こるといわれています。
しかし、同じように仕事や運動(例えば、工具を使う、楽器の演奏、
テニス、バドミントンなど)をしている人でも、回外筋症候群になる人と
ならない人がいます。
実際に回外筋症候群と診たてた方のほとんどに、ある共通点がみつかります。
それは、身体の歪みに合わせた間違った手の使い方です。
例えば身体(特に上半身)が左右に傾くと、肩は上がったり下がったりするので、
それに合わせて手を使う時には、肘を余計に曲げたり捻ったりしなければ
ならなくなります。
そのような状態で無理して手を使い続けていると、回外筋に負担が掛かり、
炎症を起こして腫れたり、過緊張したりします。

6c254355195804b44f233de311cb54b5_s 1fd7d31b5883183fce272125366823f9_s

〔回外筋症候群の治療〕

一般的に病院では、消炎鎮痛剤や神経に効くビタミン剤が処方され、
マッサージやストレッチ、電気による治療が行なわれます。
痛みが強い場合は、ステロイド注射を勧められることもあるようですが、
半年以上経っても症状が回復しなかったり、麻痺が進行している場合は、
手術が行なわれます。

当院の治療は、
まず、患部に対する治療を行ない、症状を改善します。
 回外筋につながる神経が頸椎(けいつい)から出ているので、頸椎の歪みによる
 神経の伝達障害が回外筋の過緊張を引き起こす可能性もあります。
 頸椎の歪みがみつかれば矯正して、回外筋に筋スラッキング療法
 キネシオテーピング療法を行ない、元の正常な状態に戻して神経を解放します。
次に、症状が出ている手の使い方と全身の状態を診て、関連する背骨の歪み
 骨盤の歪み、筋肉の問題※をみつけて治療します。
 (※詳しくは「“筋肉のつながり”について」をご覧ください)

ほとんどの場合、初回は患部に対する治療に重点をおきますので、
少なくとも症状の軽減がみられ、場合によってはほとんど気にならなくなります。
さらに2回目以降身体を歪みにくくするための治療も一緒に行なっていけば、
回外筋症候群を根本的な原因から治療することになるので、
症状の再発を防ぐことができます。

回外筋症候群は正しい診たてと適切な治療をすれば、ちゃんと治ります。
腕の痛みを訴えると、病院では腕や頸椎のレントゲン検査のみで
診断されることが多いので、見落とされがちです。
病院で頚椎症頸椎椎間板ヘルニアと診断され、治療を受けてもあまり
良くならないと来院された方が、実は回外筋症候群だったということもあります。
治療を受けていても、症状があまり変わらなかったり、悪化しているようなら、
その治療が合っていないか、他の原因(例えば、トリガーポイントによる関連痛
四辺形間隙症候群など)と合併して起こっている可能性もあります。

もしも、あなたが腕の痛みからできるだけ早く解放されたいのであれば、
なるべく早く治療することをオススメします。 

当院は予約制ですので、必ず事前に03-3414-7206までお電話ください。
 
 
※文中の一部 画像はteamLabBody様の許可を得て、掲載しております。
著作権はteamLabBody様にありますので、当院ブログからの転載・二次利用などは
堅くお断りいたします。