「太ももの外側がしびれる」
「太ももの前がヒリヒリする」
「膝が伸ばしにくい」
などの症状がある場合は、『大腿神経痛(だいたいしんけいつう)』の
可能性があります。

大腿神経痛とは、どのような状態のことをいい、どのような症状があり、
何が原因で起こるかを解説し、それに対して一般的に病院などで
行なわれる治療と当院で行なっている治療の違いを説明します。
どなたにでもわかるよう専門用語はできるかぎり使わず、
写真と解剖図を使って解説します。

*スマートフォンでは、横向き画面で
ご覧いただくことを推奨しております。

大腿神経とは

大腿神経 外側大腿皮神経
↑左:前から見た大腿神経/右:前から見た外側大腿皮神経
※画像をクリックすると、拡大します。

大腿神経(だいたいしんけい)は、腰椎(ようつい)の2,3,4番目から出る
神経で、太ももの前や外側の筋肉に繋がります。
外側大腿皮神経(がいそくだいたいひしんけい)は、
腰椎2,3番目から出る神経で、そ径靱帯(じんたい)の下を通り、
太ももの前~外側の皮膚に繋がる感覚神経です。

大腿神経痛とは

大腰筋 腸骨筋
↑左:前から見た大腰筋/右:前から見た腸骨筋


↑大腿神経が圧迫される所(内)
 ※画像をクリックすると拡大します。

大腰筋(だいようきん)や腸骨筋(ちょうこつきん)の過緊張によって
大腿神経が締め付けられたり、腰椎椎間板ヘルニアによって
大腿神経が圧迫されたりして起こるしびれや痛みを『大腿神経痛』
といいます。

鼠径靱帯 縫工筋
↑左:前から見たそ径靱帯/左:前から見た縫工筋


↑外側大腿皮神経が圧迫される所(内)
 ※画像をクリックすると拡大します。

外部からの圧迫や縫工筋(ほうこうきん)の過緊張などにより、
そ径靱帯と縫工筋の間から出る外側大腿皮神経が締め付けられて起こる
しびれや痛みを『外側大腿皮神経痛』または『感覚異常性大腿神経痛』
といいます。

一般的には上記の二つを区別せず、総称して『大腿神経痛』と呼ぶことが
多いようです。

〔大腿神経痛の症状〕

しびれと痛み(前内側) 大腿神経痛(症状①)

太ももの前や外側にしびれや痛みが出て、腰の痛みがない場合もあるので、
腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)と間違われることもあります。
「ヒリヒリ焼けつく」「ビリビリする」「電流が走る」ような痛みが出て、
うつ伏せや仰向けで寝たり、膝や股関節を深く曲げる姿勢や動作で
悪化することもあります。
外側大腿皮神経の圧迫では感覚がなくなったり、鈍くなったりするだけですが、
大腿神経が圧迫されると筋力低下が起こるので、膝が伸ばしにくくなり、
階段の上り下りが困難になります。

〔大腿神経痛の原因〕

一般的には、ベルトやガードル、スパッツなどによる締め付け、窮屈なズボンや
下着の着用、肥満、妊娠、骨盤内臓の腫瘍などによるそ径部の圧迫が原因で
起こると言われていますが、これらが当てはまらない場合もあります。
そこで、実際に大腿神経痛と診断された方たちを診てみると、
ほとんどの方にある共通点がみつかります。
それは、骨盤の“歪み”腰椎の“歪み”です。
日常生活における“間違った”姿勢や身体の使い方、習慣に合わせて
腰椎や骨盤が歪み、椎間板や筋肉(大腰筋、腸骨筋、縫工筋など)に
長い間負担を掛け続けた結果、椎間板が変形してしまったり、
筋肉が過緊張してしまったと考えられます。

a0001_016121 a1640_000345

〔大腿神経痛の治療〕

一般的に病院で行なわれる治療は、消炎鎮痛剤や筋弛緩薬(きんしかんやく)、
神経に効くビタミン剤や血流を良くする薬が処方され、マッサージや
ストレッチ、電気による治療が行なわれます。
痛みが強い場合は、ブロック注射を勧められることもあるようですが、
日常生活に支障をきたす場合には手術による大腿神経の剥離(はくり)や切除が
行なわれます。
(神経)ブロック注射とは、
足の痛みやしびれをもたらしている大腿神経や外側大腿皮神経の障害部分に
局所麻酔を直接注射し、神経を遮断することで痛みやしびれを抑えます。
神経に注射をするので、激しい痛みを伴います。
持続時間には個人差があり、打った時だけしか効かない人もいれば、
1週間くらい持続する人もいるようです。

当院の治療は、
まず、患部に対する治療を行ない、症状を改善します。
①大腿神経や外側大腿皮神経の圧迫が腰椎椎間板ヘルニアによるものか、
 筋肉の過緊張によるものかを診たて、腰椎椎間板ヘルニアによるものであれば、
 それに対する治療を行ないます。
 (※詳しくは『腰椎椎間板ヘルニアとその治療』をご覧ください。)
 また、筋肉の過緊張によるものであれば、大腰筋、腸骨筋、縫工筋の中から
 神経を圧迫している筋肉を特定します。 

②大腰筋は腰椎(ようつい)に、腸骨筋と縫工筋は骨盤に付き、それぞれの歪みが
 筋肉を過緊張させる原因になるので、腰椎の歪み骨盤の歪みを治療し、
 筋肉を解放します。

③①で特定した筋肉とつながっている筋肉の中から問題を起こしている筋肉を
  みつけて治療します。

 
 ↑左:大腰筋や腸骨筋とつながる筋肉 ※前から見た図
  右:縫工筋とつながる筋肉 ※前から見た図
  
 上の図のように、大腰筋や腸骨筋、縫工筋とつながっている筋肉
 のいずれかに問題(伸張or過緊張)が起こっていると、
 その影響により大腰筋や腸骨筋、縫工筋も過緊張させられてしまいます。
 そのため、①で特定した筋肉とつながっている筋肉の中から
 問題が起こっている筋肉をみつけ、①で特定した筋肉と一緒に
 筋スラッキング療法キネシオテーピング療法で治療して、
 筋肉を元の正常な状態に戻すことで、圧迫されている神経を解放します。

このように、神経を圧迫している筋肉だけでなく、その筋肉を過緊張させている
原因(背骨や骨盤の歪み、つながっている筋肉の問題)も一緒に治すことが
大腿神経痛をちゃんと治すためには重要です。

ほとんどの場合、初回は患部に対する治療に重点をおきますので、
少なくとも症状の軽減がみられ、場合によってはほとんど気にならなくなります。
さらに2回目以降全身の治療も一緒に行なっていけば、大腿神経痛を根本的な
原因から治療することになるので、症状の再発を防ぐことができます。

大腿神経痛は、正しい診たてと適切な治療をすれば、ちゃんと治ります。
治療を受けていても、症状があまり変わらなかったり、悪化しているようなら、
その治療が合っていないか、他の原因と合併して起こっている可能性があります。

もしも、あなたが足のしびれや痛みからできるだけ早く解放されたいのであれば、
なるべく早く治療することをオススメします。。

当院は予約制ですので、事前に03-3414-7206までお電話ください。
 
 
※文中の一部 画像はteamLabBody様の許可を得て、掲載しております。
著作権はteamLabBody様にありますので、当院ブログからの転載・二次利用などは
堅くお断りいたします。