腰屈曲

前かがみや腰を前に曲げたり、屈(かが)めたりした時の腰の痛みは、
たとえ同じように出る症状であっても、いくつかの原因が考えられたり、
場合によっては合併して起こっていることもあります。
ですから、その症状をちゃんと治すためには、原因をしっかりと見極めて
それに対する適切な治療を行なうことが重要です。

詳しくは、各ページをご覧ください。
※↓クリックするとページが開きます

腰椎(ようつい)椎間板ヘルニア
仙腸関節炎(せんちょうかんせつえん)
仙腸関節捻挫(せんちょうかんせつねんざ)
緊張性(筋筋膜性:きんきんまくせい)腰痛
トリガーポイントによる関連痛