a779ec41a47d454a1c3511a7b6005d7e_s

椅子などに座っている時、上の写真のようにかかとを上げて(浮かせて)いると、
足の筋肉に負担が掛かり、足の裏や足首の痛みを起こす可能性があります。

椅子などに座る時は、両足の裏全体をべったりと床につけるように意識して、
椅子の高さが高すぎる場合は、足の下に台などを置いてその上に両足を乗せ、
足の裏全体をべったりとつけるようにすると、足の裏や足首の痛みが
起こりにくくなります。

「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
椅子などに座る時は“毎回”気を付けるようにしましょう。

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

・「足の裏の痛みについて
・「足首の痛みについて

身体の歪みや足底筋膜炎などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ