12249827_1606498719673983_8638017139634413291_n 

11月20日(金)~23日(月・祝)に東京で開催された
「30周年キネシオテーピングシンポジウム」に参加してきました。

20日は、メジャーリーグ シアトルマリナーズのヘッドトレーナーを
30年以上務めているリック・グリフィン氏と前メディカルトレーナーの
高倉昌宏氏による「メジャーリーグ治療法と実技」セミナーでした。
メジャーリーガーの怪我の治療やリハビリ、再発防止に対して
キネシオテーピングがどのように使われ、どのような効果を上げているか、
そして、リハビリトレーニングや最新の治療法など現場でしかわからない
貴重な話を聞くことができました。

11990629_1606498746340647_7334530543991139162_n 12247074_1606498773007311_6273812876820765977_n

21~23日の本大会には、世界各国から300名近い参加者が集まり、
その顔触れも医師、医学博士、教授、理学療法士、カイロプラクター、
整体師、獣医などさまざまでした。
この3日間の研究発表で、とくに興味深かったのは、
フランスの形成外科医のジーン-クロードギンバトゥー氏の
「内視鏡観察を通してキネシオテーピングの効果説明」は、
今まで超音波でしか確認できなかったキネシオテーピングの
皮下組織への影響が、内視鏡撮影により実際に目で見て確認でき、
とても感動しました。
そして、ドイツの心臓外科医(博士)のハンス-マイケルクライン氏の
「心臓手術後の痛みと術痕へのキネシオテーピング法の影響」は、
キネシオテーピングにより心臓手術後の痛みを減らすことができるという
ことを証明していて、今後予定しているという他の科での結果次第で、
今後は医療分野でもキネシオテーピングが活躍できると感じられました。
もう一つ変わった所では、ブラジルとトルコの獣医による
「馬の手術後の創傷治癒と浮腫のコントロール」は、
馬の手術にもキネシオテーピングが使われているという驚きだけでなく、
人間と違ってプラセボ効果を完全に排除できる研究としてとても有用だと
思いました。

12246826_702271633206275_2697475042797885382_n 12274321_702269229873182_5488553581491485613_n

そして懇親会では、ゲストに俳優の船越英一郎さんや元プロ野球選手の
大魔神こと佐々木主浩さん、西武ライオンズの菊池雄星投手も参加し、
30周年記念をみんなで盛り上げました。

世界各国の指導員や研究者が集まり、キネシオテーピング発祥である
日本で開催された記念すべき今回の大会に参加できて光栄でした。
そして何より有意義な時間を過ごすことができました。
今後のキネシオテーピングの発展に少しでも役立つことで、
さまざまな症状(問題)で困っているたくさんの人達を助けることに
つながると感じました。
この4日間で学んだことを今後の治療に活かし、まずは来院して
いただいている皆様に役立てるように頑張ります。

securedownload (2)
↑Dr.ギンバトゥーとの記念撮影

12311267_1912649528961009_4790075676966826850_n
↑シンポジウム参加者の集合写真。世界30数か国から集まりました。