8ff29a875f12fcfbb448a345b953626a_s

ダンボールを運ぶ時、上の写真のように腰を反らして持っていると、
腰が圧迫されるので、腰痛や足のしびれを引き起こす可能性があります。

ダンボールを運ぶ時は、腕の力や背筋を使って持ち上げるのではなく、
頭を上に引っ張り上げて身体全体を真上に伸ばすように意識すると、
腰を反らさなくても楽に持つことができ、腰痛や足のしびれも
起こりにくくなります。

「ちょっとくらいなら」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
ダンボールを運ぶ時は“毎回”気を付けるようにしましょう。

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

・「脊柱管狭窄症について
・「椎間関節症について
・「緊張性(筋筋膜性)腰痛について

身体の歪みや脊柱管狭窄症などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ