座って靴下を履く(誤) 座って靴下をはく(正)

床やベッドの上に座って靴下をはく時、左の写真のように膝をあまり曲げずに
“手を足先の方に”近づけていると、腰が曲がりやすいので、
腰の筋肉や椎間板に負担が掛かり、腰を痛める可能性があります。

床やベッドの上に座って靴下をはく時は、右の写真のように膝をできるだけ曲げて、
“足先を自分の方に”近づけるようにすると、腰をまっすぐに保ちやすいので、
腰を痛めにくくなります。

「ちょっとくらいなら」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
床やベッドの上に座って靴下をはく時は“毎回”気を付けるようにしましょう。

 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

・「腰椎椎間板ヘルニアについて
・「ぎっくり腰について
・「腰痛について
・「仙腸関節の捻挫について

身体の歪みや椎間板ヘルニアなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ