0a4c9820dffaec1af314816692bc4f17_s 220e2e0dfccf3f7405f44f153e107da7_s

歩行時に腰がだんだん痛くなってきたりする人は、
「足を前に出そう」と意識しているために、左の写真のように
頭や身体よりも足が前に出てしまい、上半身が後ろに傾き、
腰が圧迫されてしまっている可能性があります。
さらに悪化すると、足のしびれが起こる可能性もあります。
 

 
歩行時は右の写真のように、まず頭が行きたい方に動くのに合わせて
足は後からついてくると意識すると、上半身が後ろに傾かないので、
腰痛や足のしびれは起こりにくくなります。
 
 
「ちょっとくらいなら」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら、症状が出ていたりします。
歩く時には、“毎回”気をつけるようにしましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

・「脊柱管狭窄症(腰部)について

 
身体の歪みや腰痛などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+