机に肘をつく

上の写真のように机やテーブルに肘をついて頭を支えていると、
首や顔を歪めてしまう可能性があります。

机やテーブルに向かう時は、頭を上に引っ張り上げ、お腹を少しだけ
前に突き出して座っていると、肘をつきにくくなるので、
首や顔を歪めにくくなります。

「ちょっとくらいなら」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら身体を歪めていたりします。
机やテーブルに肘をつきやすい人は“常に”気を付けるようにしましょう。

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

・「顎関節症について
・「背骨の歪みについて

身体の歪みや顎関節症などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ