bc4e56ec88242b5871eec54c4c0f00ae_s

肩掛けカバンを持つ時、上の写真のように身体を反対側に傾けていると、
背骨や骨盤が歪んでしまう可能性があります。

肩掛けカバンを持つ時は、「カバンを持ち上げよう」と意識しないで、
頭を上に引っ張り上げて身体全体を真上に伸ばすように意識すると、
身体を反対側に傾けなくてもカバンが自然に持ち上がるので、
背骨や骨盤を歪めにくくなります。
しかし、片側ばかりに掛け続けていると、そちら側の肩が凝ってしまうので、
左右均等にこまめに持ち替えるようにしましょう。

「ちょっとくらいなら」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
肩掛けカバンを持つ時は“毎回”気を付けるようにしましょう。

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

・「鞄の持ち方と歪みについて
・「背骨の歪みについて
・「骨盤の歪みについて
・「肩こりについて

背骨の歪みや肩こりなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ