a0001_016151 a0d7967f301218aff6263dc70eea472a_s

イスやソファなどに座る時、上の写真のように上半身と下半身の向きが違うと、
背骨が捻じれるように歪み(回旋)、可動域の減少(左右どちらかには捻りやすいけど、
反対には捻りにくい状態)を起こす可能性があります。

 
イスやソファなどに座る時は、上半身と下半身の向きが同じになるように
意識すると、背骨は捻じれにくくなります。
パソコンは必ず身体の正面で使うようにして、足元に障害物がある場合は、
座る物を変えたり、作業する場所を移動するなどして、上半身と下半身が
同じ向きになるようにしましょう。
 
「ちょっとくらいなら」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら身体が歪んでいたりします。
イスやソファに座る時は“毎回”気を付けるようにしましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

・「背骨の歪みについて
・「緊張性(筋筋膜性)腰痛について

身体の歪みや腰痛などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ