a1180_007409

屈む時、上の写真のように膝をあまり曲げないで腰を曲げていると、
腰の筋肉や椎間板に負担が掛かるので、腰を痛めてしまう可能性があります。

屈む時は、膝を軽く曲げて股関節(そ径部)から身体を前に曲げるようにすると、
腰の筋肉や椎間板にはあまり負担が掛からなくなるので、腰を痛めにくくなります。

「ちょっと位なら」とか「今回だけ」などと、油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
屈む時は“毎回”気を付けるようにしましょう。

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

・「ぎっくり腰について
・「腰痛について
・「腰椎椎間板ヘルニアについて