起床(誤) 起床(正)

横になった状態から身体を起こす時、左の写真のように腹筋を使っていると、
腰に負担が掛かるので、腰を痛める可能性があります。

身体を起こす時は、右の写真のように一度横向き(※左右どちらでもよい)になってから、
両手をついて腕の力で身体を起こすようにすると、腰を痛めにくくなります。
仰向けから横向きになる時は、両膝を立てて、左右どちらか一方に倒しながら
横向きになると、腰への負担はさらに軽減されます。
 
 
「一回位なら」とか「今回だけ」などと油断していると、それが何度も積み重なった時に、
気付いたら症状が出ていたりします。
身体を起こす時は、“毎回”気を付けるようにしましょう。
 
 

〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや椎間板ヘルニアなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ