a0002_002110 7865125a8779b1ebf4ef6a0579954c04_s

足を組んでイスに座る時、上の写真のように、足をからませるようにしたり、
足を開いたりしていると、とくに股関節・膝・足首の歪みや痛みの原因になる
可能性があります。
 

イスに座る時は、お腹を前に突き出して腰を少し反らしておくようにすると、
足を組みにくくなるので、股関節・膝・足首の歪みや痛みが起こりにくくなります。
 
 
「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら身体が歪んでいたり、症状が出ていたりします。
イスに座る時は、“毎回”気をつけるようにしましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪み、膝の痛みなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ