歩く時、とくに足が地面についてから地面を蹴り出すまでの足のつき方に問題があると、
偏平足(へんぺいそく)になりやすいので、足の裏にタコやウオノメができたり、
外反拇趾(がいはんぼし)になったり、足の裏が痛くなったり(足底筋膜炎:そくていきんまくえん)
する可能性があります。
 

歩行時の足① 歩行時の足② 歩行時の足③ 歩行時の足④

 
歩く時に足が地面についてから地面を蹴り出すまでの正常な足のつき方は、
上の写真のように行なわれます。
①かかとから地面につく
②足の外側、かかと~小指の付け根へ
③小指から親指まで指の付け根部分を外から内へ
④親指の指先で地面を蹴り出す
 
歩く時は、かかとから地面につき、親指の指先で地面を蹴り出すように意識すると、
足の裏にタコやウオノメができたり、外反拇趾になったり、足の裏が痛くなったりしにくくなります。
 
 
「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
歩く時は、“毎回”気をつけるようにしましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

※タイトルをクリックすると、リンク先のページが開きます。

・「足の裏の痛みについて
・「歩き方と歪みについて

 
身体の歪みや足底筋膜炎などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ