a1180_003081

車を運転する時、上の写真のようにシートが後ろ過ぎると、ハンドルを握った時に
腕を前に伸ばすために背中が丸まり、頭を前に突き出した姿勢になりやすいので、
肩や首が凝ったり痛くなったりする可能性があります。

車を運転する時は、シートはなるべく垂直に立てて背中とお尻を密着させて座り、
肘を軽く曲げたままハンドルが握れて、なおかつ膝を軽く曲げてアクセルに足が届くように
シートポジションを調整すると、首や肩が凝ったり痛くなったりしにくくなります。

 
「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
車を運転する時は、“毎回”気をつけるようにしましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや肩こりなどお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ