※スマートフォンでは、横向き画面でご覧いただくことを
推奨しております。

2日以上排便がない、または便意はあっても便が出ない、
出ても少量という状態なら便秘です。
ほとんどの場合、お腹が張るなどの不快感を伴います。
腸が腸内のものを押し出そうとする動き(蠕動運動:ぜんどううんどう)が
弱ることから便秘は起こります。
腸が下垂気味だったり、お腹の筋肉が弱っていたりすると、
それだけで腸の動きが弱まります。
男性より女性に便秘が多いのも筋肉の強さと関係しています。
また、神経性の便秘はストレスから腸が緊張しすぎて、
便の通過が妨げられています。

お腹の筋肉(外腹斜筋:がいふくしゃきん)にテープを貼ると、
下垂気味の腸や弱っているお腹の筋肉を正常な状態に戻し、
腹部の圧迫感を和らげます。

※音声による説明はありません。
〔テープの貼り方〕
幅5cm×長さ30cmのテープを2枚用意します。
①1枚目のテープの裏紙を端から1~2cmはがし、恥骨から右の肋骨に
 向かうように角度を合わせて、恥骨に貼ります。
②テープの裏紙を全部はがし、体を左に倒してから右に捻り、
 お腹を膨らましてから右の肋骨に向かって貼ります。
③2枚目のテープも1枚目と同様に貼ります。

便秘薬を服用している人は多いと思いますが、薬の作用によって腸を
無理やり動かすので、一時的に効果があっても、服用を続けているうちに
薬を飲まないと自力では腸が動かせなくなるので、あまりおすすめできません。

テーピングと併せて生活習慣の見直しやストレスの解消、
水分や食物繊維の摂取などを積極的に行なってください。
腸は骨盤内にあり、腰椎(ようつい)から出ている神経が腸に繋がります。
また、胸椎(きょうつい)6番目は消化器と深い関連があります。
このことから便秘は、仕事などで長時間“間違った”座り方をしているうちに、
背骨(とくに腰椎や胸椎)や骨盤を歪めてしまった結果
起こっている可能性があり、他の症状の治療のために
背骨や骨盤を矯正していたら便秘も治ったという方もたくさんいます。
このように背骨や骨盤の歪みが原因になっている便秘も考えられるので、
慢性的に便秘をくり返している場合は、一度ご相談ください。

〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。

・「テープの持ち方と切り方について
・「背骨の歪みとその治療
・「骨盤の歪みとその治療
・「自分で貼れるキネシオテーピングについて
・「応急手当て用キネシオテーピング