お尻のポケットに携帯

歩く時、上の写真のようにお尻のポケットに携帯電話を入れていると、
入れている側の足の動きを邪魔してしまい(とくに後ろに蹴りだす時)、
その動きを補うために腰を反らして歩くようになるので、
歩いているうちにだんだん腰が張ってきたり、痛くなってきたりする
可能性があります。
 

 
歩く時、お尻のポケットに携帯電話を入れないようにすると、
腰が張ったり痛くなったりしにくくなります。
 
 
「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、症状が出ていたりします。
歩く時は、“毎回”気をつけるようにしましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや腰痛などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンター
 
 

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+