起床(誤) 起床(正)

起床時にベッドや布団から起き上がろうとして、左の写真のように
腹筋を使って身体を起こしていると、腰の筋肉が急激に引き伸ばされたり、
椎間板が圧迫されたりして、腰を痛めてしまう可能性があります。

ベッドや布団から起き上がる時は右の写真のように、左右どちらかの肩を下にして
横向きになってから、両手をついて腕の力で身体を起こすようにすると、
腰の筋肉や椎間板に負担が掛からないので、腰を痛めにくくなります。
仰向けから横向きになる時も、両膝を立ててから左右どちらかに倒して横向きになると、
腰の筋肉や椎間板への負担がより軽減されます。

 

「今回だけ」などと言いながら何度も繰り返していると、気付いた時には症状が出ていたりします。
ベッドや布団から起き上がる時は、“毎回”気をつけるようにしましょう。

 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

・「ぎっくり腰について

 
身体の歪みや椎間板ヘルニアなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ