バケツの持ち上げ方(誤) バケツの持ち上げ方(正)

水を汲んだバケツを持ち上げる時、左の写真のように少し離れた所から前かがみになって
取っ手を持ち、背筋を使って持ち上げようとすると、腰を痛めてしまう可能性があります。
 

水を汲んだバケツを持ち上げる時は、右の写真のようにできるだけバケツに近づき、
お尻を後ろに突き出すようにして膝と股関節(そ径部)を曲げて取っ手を持ち、
背筋は使わずに膝と股関節を伸ばして持ち上げると、腰を痛めにくくなります。
 
 
「ちょっと持ち上げるくらいだから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら腰を痛めていたりします。
バケツを持ち上げる時は、“毎回”気をつけるようにしましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

・「腰椎椎間板ヘルニアについて
・「仙腸関節捻挫(せんちょうかんせつねんざ)について

 
身体の歪みやぎっくり腰などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ