2c8f18718de1785c7cd74ad666d9c904_sd577f75e214053aef209a5fd7a43b9d0_s

パソコンのキーボードを使う時に、机と椅子の高さが身体に合っていないと、
左の写真のように肩をすくめるようにして両腕を持ち上げたり、
右の写真のように両肘を張って、腕で上半身を支えたりしてしまうので、
肩が凝ったり痛くなったりします。
さらに肘や手首にも負担が掛かりやすいので、肘や手首の痛みの原因になる可能性もあります。

パソコンのキーボードを使う時は、椅子に座って両手をキーボードの上に置き、
肘が90°に曲がるのが理想的な机と椅子の高さです。
このように机と椅子の高さを調整しておくと、肩が凝ったり痛くなったりしにくく、
肘や手首の痛みも起こりにくくなります。
 
 
「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何回も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
パソコンのキーボードを使う時は、“毎回”気をつけるようにしましょう。
 
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

・「肘の痛みについて

 
身体の歪み、肩こりなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ