重い荷物(前・誤) 重い荷物(前・正)

左の写真のように背筋を使って持ち上げたり、腰を後ろに反らすようにして持ち上げていると、
腰の筋肉は緊張し、腰椎(ようつい)や骨盤は圧迫されてしまので、腰を痛める可能性があります。
 

右の写真のように、持ち手に手を掛けたまま、頭が上からひもでつり上げられるイメージで
頭の位置を高くすると、スーツケースは地面から少し浮くので、そのままかかとに体重を掛けて
身体全体を後ろに倒すようにすると、腰を痛めずに持ち上げることができます。
 
 
「ちょっとだけ」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら腰を痛めていたりします。
スーツケースを持ち上げる時は、“毎回”気をつけるようにしましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 
 
身体の悩みやぎっくり腰などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ