椅子に座ってスマホを使う(誤)

椅子に座ってスマホを使う時、上の写真のように太ももに手をついて上半身を支え、
スマホを持つ手に顔を近づけるようにしていると、アゴが上がりやすくなるので、
頭の重さで首が圧迫されたり、頭と首の間が狭まったりして、
首の痛みや頭痛が起こる可能性があります。
 

椅子に座ってスマホを使う時に、太ももに手をついて上半身を支えてしまいやすい人は、
軽くうなずき、アゴを胸に近づけておくように意識して、頭をそのまま動かさなくても
画面が見やすい位置でスマホを持つようにすると、首の痛みや頭痛は起こりにくくなります。
 
 
「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
座ってスマホを使う時は、“毎回”気をつけるようにしましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 
 

身体の歪みや首の痛みなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ