車のシートの座り方(誤) 車のシートの座り方(正)

とくに腰痛持ちの方や椎間板ヘルニアの方が車を運転する時、左の写真のようにシートを
後ろに倒しすぎていると、頭と首は前に行こうとして猫背のように背中が丸まりやすいので、
腰が痛くなる可能性があります。

車を運転する時は、右の写真のようにできるだけシートを垂直に立て、背中とお尻を密着させて座ります。
肘が軽く曲がる位置でハンドルを握り、足はペダルに楽に届き、膝は腰より高くなるように
シートの位置を調整すると、腰痛持ちの方や椎間板ヘルニアの方でも腰が痛くなりにくくなります。
 
椎間板ヘルニアの方は、折りたたんだタオルやクッションなどを腰の凹んだ所に当てて
腰の支えにするとより良いです。
 
 
「そんなに長い時間じゃないから」とか「今回だけ」などとしていると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
車を運転する時は、“毎回”気をつけるようにしましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 
 
身体の歪みや椎間板ヘルニアなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ