骨盤前傾+腰後屈 骨盤前方+後傾

仕事や通勤、お出かけなどをする時に長時間立っていると、腰が痛くなったり、
肩が凝ったりする人は、上の写真のように頭が体より前に出ていたり、
お尻を後ろに突き出していたり、お腹を前に突き出していたりする可能性があります。
 

正しい姿勢で立つには、頭が上からひもでつり上げられているイメージで、
頭の位置を高くするように意識して足の指の裏も含めた足裏全体で
床面からの圧力が均等に感じられるように重心の位置を調整します。
このようにして正しい姿勢を保てれば、長時間立っていても腰が痛くなったり、
肩が凝ったりしにくくなります。
 
 
長時間立っていると腰が痛くなったり、肩が凝ったりする人は、
上記を参考にして気をつけてみましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや腰痛などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ