ショルダーバッグを肩に掛ける

ショルダーバッグを肩に掛けて持つ時、上の写真のように身体を反対側に傾けるようにしていると、
背骨や骨盤は歪みやすく、腰や首、肩の筋肉に負担が掛かり、腰や首、肩が張ったり痛くなったりする
可能性があります。
 

ショルダーバッグを肩に掛けて持つ時は、“バッグを持ち上げる”のではなく、
身体を真上に伸ばすようにすると、バッグは自然と持ち上がるので、
背骨や骨盤を歪めにくくなり、腰や首、肩の筋肉にも負担が掛からないので、
腰や首、肩が張ったり痛くなったりしにくくなります。
しかし、片側ばかりに掛け続けていると肩の筋肉が押し潰されてしまうので、
左右均等にこまめに持ち替えた方がより良いです。
 
 
「そんなに長い時間じゃないから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら身体が歪んでいたり、症状が出ていたりします。
ショルダーバッグを肩から掛けて持つ時は、“毎回”気をつけるようにしましょう。
 
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや肩こりなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ