バッグを腕にかける バッグを肩にかける

左の写真のようにバッグを腕にかけて持っていると、腕の筋肉や血管、神経が圧迫されやすいので、
手首や肘の痛み、腕や手のしびれの原因になる可能性があります。
また、バッグをかけている側の肩の筋肉に余計な力が入りやすいので、肩が凝ったり痛くなったり
する可能性もあります。
 

バッグは手で持ち、手首や肘を自然に伸ばして身体の横に下げるか、
右の写真のように肩にかけるようにすると、手首や肘の痛み、腕や手のしびれは起こりにくくなります。
その際、片側ばかりでなく左右均等になるよう、こまめに持ち替えるようにすると、
肩が凝ったり、痛くなったりもしにくくなります。
 
 
 
「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
バッグを持つ時は、“毎回”気をつけるようにしましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 

身体の歪み、手首や肘の痛みなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ