拾う(座・誤) 拾う(座・正)

左の写真のように椅子に座って腰を曲げると、腰の椎間板に掛かる圧力が立っている時と比べて
約2倍になるので、椎間板ヘルニアになりやすくなります。
 

椅子に座ってて足元の物を取ったりする時は、右の写真のようにイスからお尻を持ち上げて
膝や股関節を曲げるようにすると、腰の椎間板に掛かる圧力を減らせるので、
椎間板ヘルニアになりにくくなります。
 
「一回くらいなら」とか「今回だけ」などと油断していると、それが何度も積み重なった時に
気付いたら症状が出ていたりします。
椅子に座ってて足元の物を取ったりする時は、“毎回”気をつけるようにしましょう。
 
 

〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや椎間板ヘルニアなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ