座卓でパソコン

座卓でパソコンを使う時、上の写真のようにソファやベッドなどに座っていると、
身体がかなり前かがみになるので、あまり曲がらない腰椎に負担が掛かってしまい、
腰が張ったり痛くなったりする可能性があります。
 

座卓でパソコンを使う時は、床に座って(※正座かあぐらが好ましい)
キーボードに手を置いた時、肘が90°位に曲がるよう座布団やクッションなどで
高さを調整して座り、腰を少し反らしておくように意識すると、腰はまっすぐに保てるので、
腰が張ったり痛くなったりしにくくなります。
 
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

・「緊張性(筋筋膜性)腰痛について
・「腰椎椎間板ヘルニアについて

 

身体の歪みや腰痛などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ