腰痛が出てきたら、湿布を貼ったり、痛み止めを飲むという人は多いと思います。
しかし、腰痛に湿布や痛み止めを使うことは根本的な腰痛治療にはなりません。
今回は、湿布や痛み止めの効能と、腰痛の原因から根本的な腰痛治療について説明します。

湿布や痛み止めには、「炎症を軽くする」という効能があり、
脳や脊髄にある中枢(ちゅうすう)神経系に作用して、痛みの原因物質である
「プロスタグランジン」の発生を抑え、痛みを少なくします。

このように痛みを軽くすることが主な効能であるため、湿布や痛み止めを利用するだけでは、
根本的な腰痛の解消にはならず、対症療法に過ぎません。
腰痛を治すのに必要なのは湿布や痛み止めではなく、人間が持つ“自然治癒力”です。
自然治癒力を効果的に発揮させることが大切なのです。
自然治癒力を効果的に引き出すには、腰痛の原因を知る必要があります。

腰痛の原因は、椎間板ヘルニア、脊椎すべり症、骨折など、さまざまなものがありますが、
多くの腰痛は『緊張性(筋筋膜性)腰痛』です。
湿布や痛み止めはほとんどの場合、この緊張性(筋筋膜性)腰痛に対して使われます。
この緊張性(筋筋膜性)腰痛による痛みの原因は、炎症やプロスタグランジンの発生ですが、
「根本的な原因」は炎症やプロスタグランジンの発生ではありません。
筋肉が持続的に縮む拘縮(こうしゅく)と、拘縮にともなう関節の可動制限(歪み)が原因です。
この拘縮を改善しない限り、緊張性(筋筋膜性)腰痛は治ることはありません。
炎症や痛みは、拘縮が原因でおこる「症状」に過ぎないからです。

湿布や痛み止めは、ぎっくり腰など炎症を伴う急性の腰痛では、痛みを和らげる効果がありますが、
それは血管を収縮させて、炎症物質が流れ出すのを抑える作用によるものです。
炎症物質が大量に流れ出ると痛みがひどくなるので、血管を縮めて流れ出る量を少なくし、
痛みを軽減しているのです。
しかし、血管を収縮させると、治すための有効成分を患部に届けられないだけでなく、
交感神経を興奮させてしまいます。
緊張性(筋筋膜性)腰痛に対して、湿布や痛み止めを長期的に使い続けると、
慢性的な交感神経の興奮状態を作り出す可能性があります。
慢性的な交感神経の興奮状態は、腰痛以外の新たな痛みや病気を引き起こす可能性も持っています。
腰痛以外の悪影響もあるので、湿布や痛み止めを長期的に使うのは避けるべきです。
実際、生活習慣病の8割は慢性的な交感神経の興奮状態が原因であると言われています。
湿布や痛み止めでその場しのぎをするのではなく、根本的な腰痛の原因を解消することが大切です。
そのためにも、腰痛の原因となっている筋肉の拘縮とそれに伴う関節の可動制限(歪み)に対して
治療することが重要だと考えています。
湿布や痛み止めを使わずに、根本的に腰痛を解消したい方は、ぜひ03-3414-7206までご相談ください。

 

(関連記事)こちらも合わせてご覧ください。

・「緊張性(筋筋膜性)腰痛について
・「【治療例】4:腰が張る(緊張性腰痛/筋筋膜性腰痛
・「自律神経失調症について
・「筋肉と筋膜の治療について
・「背骨の歪みについて

身体の歪みや腰痛などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ