左足重心で立つ 正しい立ち方

左の写真のようにどちらかの足(※写真は左足) に体重をかけて立っていると、
骨盤は体重をかけた側に片寄り、さらに反対側に傾くように歪む可能性があります。
 

立つ時は、右の写真のように足の指の裏も含めた足裏全体を床にべったりとつけ、
両足均当に体重をかけて立つように意識すると骨盤は歪みにくくなります。
 
両足均等に体重をかけるように意識していてもなかなかその状態を保てないという方は、
すでに骨盤が歪んでしまっている可能性が高いので、しばらくの間わざと
反対側(やりにくい側)に体重をかけて立つように意識しておいて、
早急に骨盤の歪みを治した方がいいと思います。
 
 

〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや腰痛などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ