鞄を持つ(誤) 鞄を持つ(正)

鞄を持つ時、左の写真のように身体を反対側に傾けるようにしていると、
肩の筋肉が余計に緊張してしまい、肩が凝ったり痛くなったりする可能性があります。
 

鞄を持つ時は右の写真のように、鞄を“持ち上げる”のではなく、
身体を真上に伸ばすようにすると、肩や腕に力を入れなくても
鞄は持ち上がるので、肩が凝ったり痛くなったりしにくくなります。
 
 
「ちょっとの間だけ」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
鞄を持つ時は、上記を参考にして“毎回”気をつけましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや肩こりなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンター