姿勢を正す(立・誤) 姿勢を正す(立・正)

姿勢良く立とうとする時、肩を後ろに引いたり、胸を張ったりしていると、
左の写真のように、頭やお腹を前に突き出した姿勢になるので、背骨や骨盤を歪めたり、
肩や腰の筋肉を緊張させるので、肩や腰が張ったり痛くなったりしやすくなります。

姿勢良く立つ時は、右の写真のように後頭部(写真の髪を結っている所)が、
上からひもでつり上げられているイメージで、頭の位置を高く保つようにします。
その状態でお腹を凹ませておくように意識すると、肩や腰が張ったり痛くなったり
しにくくなります。
 
 
姿勢良く立つ時は、肩を後ろに引いたり、胸を張ったりするのではなく、
上記のように意識しましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや肩こりなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ