パソコン作業時の悪い姿勢 パソコン作業時の正しい姿勢

パソコンで作業する時、左の写真のようにディスプレイに顔を近づけていると、
首や肩が凝ったり痛くなったり、頭痛がしたりする可能性があります。
 

パソコンで作業する時は、右の写真のように座面に深く座って背もたれに背中を密着させ、
キーボードに手を置いた時に肘が90度位に曲がる位置にイスを移動します。
お腹を前に突き出して腰を少し反らすように座り、ノートパソコンならディスプレイを
垂直より少し後ろに傾け、デスクトップパソコンならディスプレイが見やすい高さにくるよう
台を置くなどして調整すると、ディスプレイに顔を近づけにくくなるので、
首や肩が凝ったり痛くなったり、頭が痛くなったりしにくくなります。
「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
パソコンで作業する時は、“毎回”気をつけましょう。

 

 

 (関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや頭痛などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ