椅子に座る(誤)

椅子に座る時、上の写真のように左右どちらかのお尻に体重をかけて座っていると、
骨盤や背骨は歪んでしまい、お尻や腰が張ったり痛くなったりする可能性があります。
 

 
椅子に座る時は、まず座面に深く腰掛けてから背もたれに背中を密着させて、
左右のお尻に体重を均等に掛けて座るように意識すると、骨盤や背骨は歪みにくくなり、
お尻や腰が張ったり痛くなったりしにくくなります。
 
 
「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら身体が歪んでいたり、症状が出ていたりします。
椅子に座る時は、“毎回”気をつけましょう。
  
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

  
身体の歪みやお尻の痛みなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンター