横になる

横になる時、上の写真のように肘をついていると、肘や手首、肩だけでなく首も歪めやすいので、
肘や手首、肩や首を痛めてしまったり、腕や手がしびれるようになったりする可能性があります。
 

横になる時は、程よい高さの枕やクッション、またはその代用になるもの(バッグなど)で
頭と首がまっすぐになるように支えておくと、肘や手首、肩や首を歪めにくくなるので、
それに伴う痛みやしびれも出にくくなります。
 
 
「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら身体が歪んでいたり、症状が出ていたりします。
横になる時は、上記を参考にして“毎回”気をつけましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや肘・手首の痛みなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ