MIMIYAKO85_cafedeworks20140725500-thumb-1200x800-5185

ローテーブルでパソコンを使う時、上の写真のように少し高めのイスなどに座っていると、
身体が前かがみになって、頭を前に突き出した姿勢になるので、肩や首に負担が掛かり、
肩や首が凝ったり痛くなったりする可能性があります。
 

ローテーブルでパソコンを使う時には、床に座って(※正座かあぐらが好ましい)テーブルの上に
手を置いた時、肘が90°位に曲げておけるよう、座布団やクッションなどで座高を調整しておくと
肩や首に負担が掛かりにくくなるので、肩や首が凝ったり痛くなったりしにくくなります。
 
「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
ローテーブルでパソコンを使う時には、上記を参考に“毎回”気をつけましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや腰痛などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンター